新着情報
2011年5月

2011/05/242011.6.24-25 第27回腎移植・血管外科研究会

第27回腎移植・血管外科研究会が、当協議会理事の野々村克也先生(北海道大学大学院医学研究科 腎泌尿器外科学分野)による当番世話人のもと下記の通り開催されます。
腎移植、腎血管外科領域における最先端のテーマを取り上げ、「メタボリック症候群時代を迎えて」というメインテーマのもと更なる医療の向上をめざし、泌尿器科医や移植医、看護師や薬剤師、コーディネータなど様々な分野の方々の参加が予定されています。
是非ご参集ください。

2011.6.24・25 第27回腎移植・血管外科研究会

会期:2011年6月24日(金)~25日(土)
会場:〒061-2302  北海道札幌市南区定山渓温泉東3丁目
参加費:6,000円
    ※当日会場にて受付
当番世話人:野々村克也(北海道大学大学院医学研究科腎泌尿器外科学分野 教授)

第27回腎移植・血管外科研究会が定山渓にて開催されます。
 テーマを「メタボリック症候群時代を迎えて」とし、腎移植患者も含めた長期化・高齢化する慢性腎不全病患者に対する様々な角度からの議論が期待されます。

 ■一日目(6月24日 金曜日)
・特別講演「Diseased ArteryのHanding」講師:椎谷紀彦先生(浜松医科大学)
・招請講演「腹腔鏡・ロボット手術、分子標的薬時代の腎細胞癌手術-maximum benefit
      minimum morbidity」講師:冨田善彦先生(山形大学)
・ミニシンポジウム1「長期透析患者に対する腎移植術の諸問題」
 司会:関 利盛先生(市立札幌病院)、渡井至彦先生(名古屋第二赤十字病院)

 ■二日目(6月25日 土曜日)
・特別企画「ドナー、レシピエントのメタボリック症候群対策」
   司会:西 慎一先生(神戸大学)、柴垣有吾先生(聖マリアンナ医大)
・ ミニシンポジウム2「移植病理のアップデート」
 司会:深澤雄一郎先生(市立札幌病院)、小川弥生先生(北海道腎病理センター)
が予定されております。

 詳細につきましては下記HPよりご確認ください。

第27回腎移植・血管外科研究会HP  http://www2.convention.co.jp/rtvs27/
腎移植・血管外科.jpg

2011/05/102011.6.3‐4 第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会

 来る2011年6月3日(金)‐4日(土)、第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会が札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1丁目1-1)にて開催されます。
テーマを「救急における多職種の連携をいかに構築するか」と掲げ、当協議会理事の浅井康文教授(札幌医科大学医学部 救急・集中治療医学講座)が会長を務められます。
 

 移植医療において特に関係の深い分野でもある救急医学。
 2日目には、「臓器移植法改正と救急医療機関での取り組み」と題したパネルディスカッションも予定されております。
 
 詳細につきましては、下記HPよりご確認ください。
 
 第14回日本臨床救急医学会総会・学術集会HP

2011/05/10「ドナー・ドナー家族のための相談窓口」設置のお知らせ

当協議会では、ドナーやドナー家族の方々をサポートするために専用の相談窓口を設けております。
北海道臨床心理士会に所属する臨床心理士が、プライバシー保護のもとで、ドナーやそのご家族などのために相談日を設け、無料で相談に応じています。
当面、面談は札幌市内において行っています。
どのような事でも結構です。お気軽に下記の番号までご連絡下さい。
尚具体的な相談日などの詳細については、臨床心理士から改めてご連絡を取らせて頂きます。


連絡先
011-846-5644
(北海道移植医療推進協議会)