新着情報
2010年12月

2010/12/28出前授業@立命館慶祥中学校  

2010年12月某日、立命館慶祥中学校にて移植医療の出前授業を行いました。

この授業を受けるために行われた試験で選抜された中学1年生のある1クラスの生徒達に
向け、熱弁を奮ったのは北海道大学病院臓器移植医療部 准教授 嶋村 剛先生。

嶋村DR.jpgのサムネール画像

最初は緊張の面持ちで静かに座っていた生徒達ですが、
嶋村先生の優しい語り口と楽しい話に、段々と緊張の糸もほぐれ、
次々に飛ぶ質問。それに丁寧に答えていく嶋村先生。

人間が持っている臓器の種類やその機能など基本的な医療の話から、
移植医療って何だろう?臓器提供とは?日本の臓器移植の現状はどうなんだろう?
などわかりやすく説明していく嶋村先生。それに対し真剣に耳を傾ける生徒達。
授業終了後には移植医療について考え、それぞれの思いを持ったようでした。


また、授業の中で、実際に手術で使用する針と糸を持ち、手袋をはめ、
練習用の縫合セットでその手技を嶋村先生から習い、はじめての経験に目を輝かせていました。
黒板を使わず!パワーポイントも使わず!
専門家が子供達に移植医療についてどのような授業をするのか!?

この模様は、
HBC北海道放送にて、12月30日(木)15:30~17:00
「プロフェッサーがやってきた~教えてッ!HOKKAIDO」
番組内で放送されます。


是非ご覧下さい!


※このような臓器移植の出前授業、講師の派遣の御希望がございましたら
北海道移植医療推進協議会までお問い合わせ下さい。お待ち致しております。