新着情報
2009年10月

2009/10/13HBC医療スペシャル「命をつなぐ2009~臓器移植の現場から~」放送のお知らせ

臓器移植法の改正で今までと大きく変わるのは、脳死が人の死と位置づけられ、本人の意思表示がなくても、家族の意思で臓器提供が可能になるということです。
今後脳死になった患者の家族は、臓器提供をするか否かの重大な決断を迫られることになります。そのため私たちは日ごろから臓器移植に関する知識を深め、自分の考えを持っておく必要があります。このような時代背景を受けて、HBCでは昨年に続き臓器移植をテーマにした特別番組を放送いたします。


番組では、アメリカで心臓移植の手術を受けたものの、1歳3ヶ月で亡くなった山保一己(さんぽ・いっき)ちゃんの闘病生活や渡米から移植などに密着し、日本の臓器移植の限界と実情に迫ります。また脳死を人の死とすると、臓器提供が優先されて救命救急がおろそかになったり、看取りの時間がなくなるのではとの懸念もある中、看取りの医療に真剣に取り組んでいる病院を紹介するなど、スタジオの解説も含めて臓器移植の現状をやさしく解き明かします。


■放送日時:10月28日(水)20時~20時55分 放送

■出  演:絵本作家 中井令(なかい れい)
      札幌交響楽団コンサートマスター 大平まゆみ
      フリージャーナリスト 中村美彦
      ほか