北海道移植医療推進協議会について

北海道が移植医療の先進地域としての役割を果たすことを目的として設立された特定非営利活動法人です。

北海道に移植医療を根付かせ、北海道が日本における移植医療の先進地域としての役割を果たすことを目的として設立されたNPO法人です。具体的には(社)日本臓器移植ネットワークの活動を支援するとともに、臓器移植法で地方公共団体の責務とされている普及啓発、臓器提供意思表示カードの配布などの役割を補完することを目的として設立されました。

協議会の活動

総務部会 医療部会

組織図

北海道移植医療推進協議会の組織図は次のようになっており、役員は道内の産学官の代表者40名あまりで構成されています。
総務部会では移植医療への皆さんの理解をいただくための諸活動、臓器提供意思表示カードの配布などを行っています。
医療部会では、道内の移植関係の各機関をネットワーク化し移植医療が北海道、ひいては日本でスムーズに行えるよう活動しています。